oyajiji_code

ALPINA(アルピナ)とファッションに興味津々なアラフィフオヤジ

オヤジファッションコーデ

【アランチャとベルガモット】ACQUA DI PARMAを比べてみた

【はじめてのACQUA DI PARMA】初心者は何がおすすめ?

ACQUA DI PARMAとは

あの、オードリーヘップバーンも愛用していたことでも有名なイタリアのフレグランスブランドです。1916年創業で100年以上の歴史があります。イタリアのカルロ・マニャーニ男爵が、時を超えて愛されるフレグランスを創ろうと心に決めて初めて誕生したのが「コロニア」です。爽やかでモダンな、イタリアンジェントルマンのスタイルをイメージしたオーデコロンです。

はじめてのACQUA DI PARMAは何がおすすめ?

「コロニア」からいろいろな種類の香りが作られていくのですが、個人的には BLU MEDITERRANEOというラインが日本人には向いているのではないかと思います。他の種類の香りを嗅がせてもらいましたが、スパイシーな香りが強いものが多く少しきつく感じるのではないでしょうか。BLU MEDITERRANEOから選ぶと選びやすいのではないでしょうか。

BLU MEDITERRANEOの瓶は青い色をしていて爽やかな雰囲気を醸し出しています。BLU MEDITERRANEOは地中海をイメージして作られているとのことで瓶の色とピッタリではないでしょうか。種類は7種類あり「チプレッソ」「キノット」「ミルト」「フィーコ」「アランチャ」「ベルガモット」「アーモンド」となっています。

その中でも、今回は実際に店舗で聞香(こういうのを「もんこう」と言っていいのかわかりませんが笑)して「アランチャ」「ベルガモット」を購入してみました。

【購入の時は注意】香りは変化する!ノートって何?つける場所は?

フレグランスの香りチェックの仕方

フレグランスって、ずっと同じ香りがしているものと思っていませんか?僕は思っていました(笑)。そういうものもあるかもしれませんが、時間とともに変化していくものなんです。だから、購入する時はムエット(香りを試す用紙:知ってるとカッコよくない?)につけてもらって、しばらくショッピングでもしながら香りの変化を確認した方がいいと思います。

ノート 香りの変化について

香りは時間経過と共に変化していきます。ACQUA DI PARMAは3回変化します。

トップノート(5〜30分)、ミドルノート(30分〜2時間)、ベースノート(2時間〜7時間)と香りが変化していきます。

香りをつける場所は?手首や首筋につけてませんか?

以前、フレグランスをつける場所を調べると手首や首筋、耳裏とか出てきますが、実際はそうではないようです。香りは下から上に香り立ちあがりますので、ウエストより低い位置の、特に脈打つ場所は体温も高いため、より拡がるとのことです。どのぐらいつけるかは、多くて2プッシュらしいです。

個人的には体に直接つけることはせず、服やマフラーに軽く纏わせて、それが体についてほのかに香るくらいが丁度いいように思います。

【おすすめ①】アランチャ(ACQUA DI PARMA BLU MEDITERRANEO ARANCIA)

トップノート:オレンジ、シチリアマンダリン、ベルガモット、レモン
ミドルノート:プチグレン、カルダモン
ベースノート:ムスク、キャラメル

アランチャはオレンジという意味です。

オレンジ、シチリアマンダリン、ベルガモット、レモンという地中海のキラキラしたシトラスノートがトップノートで香り、そこにプチグレン、カルダモン、ムスク、キャラメルで大人の香りになっています。

【おすすめ②】ベルガモット(ACQUA DI PARMA BLU MEDITERRANEO BERGAMOTTO)

トップノート:ベルガモット、レモン
ミドルノート:ジンジャー、シダー、フラワー
ベースノート:ベチバー、ベンゾイン、ムスク

イタリア南西部に位置し、ブーツ形のイタリア半島の「つま先」にあたるカラブリアの名産品ベルガモットがベースの気持ちを高揚させるようなフレグランス。地中海の海のようなエレガントさや上品さを持ち合わせた香りがします。同じくカラブリア産のレモンの爽やかな香りにより高められたシトラスのトップノートです。
その香りがスギとジンジャー香りを含んで、ベルガモットにフラワーが加わりフルーティでフローラルなミドルノートが前面に出てきます。
最後に、ベチバーとアンソクコウ、ムスクというコンビネーションのベースノートで甘い香りが残ります。

【比べてみた】アランチャとベルガモットを比べて個人的感想

どちらもシトラスノートですが、トップノートとしてはアランチャはオレンジ系の甘い香りで、ベルガモットは少し苦みのある爽やかな香りがします。トップノートだけで言うと初夏から夏にかけてはベルガモットがあっているように思います。

ベルガモットの感想

しかし、ベルガモットはミドルノートからベースノートにかけて爽やか系から少し甘ったるい感じの香りになり残っていきます。トップノートとの差が大きく、トップノートのイメージで使用すると時間が経つと思った感じと違うと思うかもしれません。

アランチャの感想

アランチャは最初から少し甘い系のシトラスなのでミドルからベースにかけても変化の差は少なく、最初のイメージから離れることなく香り続けて、つけすぎなければ強すぎることもなく、食事の時でも邪魔する事もなく、自然に使用できるのではないでしょうか。

個人的にはアランチャがおすすめ

トップからミドル、ベースノートにかけて変化の少ない安定した香りを感じられるというところから考えると、一つ選ぶならアランチャがオススメですが、一番大切なのは自分で確認する事だと思います。ぜひ、ムエットにつけて時間をかけて確認してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、購入はgujiさんでしました。

-オヤジファッションコーデ

© 2021 オヤジジィコーデ