oyajiji_code

ALPINA(アルピナ)とファッションに興味津々なアラフィフオヤジ

ALPINA(アルピナ)D5s

BMW ALPINA(アルピナ)に似ていた 3代目レガシィツーリングワゴンの乗り心地

今回は昔の事を思い出しての 独り言ショート記事です。

たわいのない 車話として 軽く読み流してください。

 

このブログを始めた最初の頃、私の車遍歴について記事にしましたが、

3代目レガシィツーリングワゴンに乗っていた時期がありました。

参照:「ALPINA D5sへの道(私の車遍歴)前編」

 

この車に乗る前は

乗用車 は乗り心地をよくするために足回りを柔らかいが ふにゃふにゃ。

スポーツカー は走りを良くするために足回りが硬い しかし乗り心地が悪い。

この二つは相いれない それは仕方がない事 と思っていました。

 

しかし、

3代目レガシィツーリングワゴンを乗った時に驚いたのです。

スポーツカーほどではないけれども、しっかり踏ん張り

乗り心地も柔らかくはないけれども、不快なものではない。

自分が望んでいたのは こういう車ではないだろうか!

そして、この車で一緒に旅行に行った友は

その後、スバリストの道を歩んでいくのでした。

 

 

スポーツカーにしては 柔らかくて、

ファミリーカーにしては 硬い

この乗り心地は

中途半端なのか。

 

 

当時の レガシィツーリングワゴン の乗り心地について ネットで検索してみると

「乗り心地が悪い」「ガタガタする」  (おそらく乗用車目線)

という意見の反面

「柔らかすぎる」「ふわふわする」   (おそらくスポーツカー目線)

という意見もありました。

 

 

それを言い換えれば

「適度にスポーティでかつ乗り心地が良い」

という事になります。

 

 

 

 

ALPINA(アルピナ)にも同じことが言えるような気がするのです。

 

Mに乗っている人からすると「柔らかすぎる」

家族の意見を聞くと「ちょっとベンツより乗り心地悪いね」

 

しかし、この すべてのバランスを調整しつくして

スポーティ と 乗り心地 を両立させた 最高の気持ちよさ。

 

もう オヤジ なので

スポーツカーまではいいけど

適度にしっかり走って欲しい

長距離 長時間 気持ちよく走りたい

あぁ 気持ちいぃ・・・。

 

そんな 車 に乗りたいのです。

 

 

私をALPINAに向かわせたルーツは

3代目レガシィツーリングワゴンにあるのではないかと思うのです。

 

 

たわいのない話ですいません。

 

おしまい。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

-ALPINA(アルピナ)D5s

© 2021 オヤジジィコーデ