oyajiji_code

ALPINA(アルピナ)とファッションに興味津々なアラフィフオヤジ

ALPINA(アルピナ)D5s

BMW ALPINA(アルピナ)は ロールス・ロイス を見ているのか

 

この前は スバル レガシィ が BMW ALPINA(アルピナ) と似ているって言っていたのに、

今度は ロールス・ロイス ってどういうこと?

 

 

と 思われる方もいるかもしれません。

 

 

スバル レガシィ が 似ているというのは 私の主観です。

 

というか、当時のボロ国産車に乗っていた私が、

スバル レガシィに乗った時の感動が

BMW ALPINA(アルピナ)を初めて運転した時の感動と似ていたという話です。

 

 

 

しかし、BMW ALPINA(アルピナ) が ロールス・ロイス を 見ているのでは というのは

少し理由があります。

 

 

それについて お話ししたいと思います。

 

 

テレビ神奈川(tvk)「クルマでいこう!」 で ニコルの担当者が語る

 

テレビ神奈川で放送されている、

「クルマでいこう!」 という番組があります。

 

YouTube でも 公式に 過去放送分が 流されています。

 

2021/1/24 BMWアルピナ B3 の放送で

ニコルの担当者が

 

「アルピナ創業した ブルカルト・ボーフェンジーペン氏は

どうも、ロールス・マニア らしく 自分で ロールスを何台も所有しているとのことで、

それが、アルピナのイメージに反映されているかも・・・」

 

YouTube の 18:00 あたりから そういう話をしています。

 

テレビ神奈川(tvk)「クルマでいこう!」公式 BMWアルピナB3 2021/1/24放送

をご参照ください。

 

カーグラフィックTV で 田辺 憲一 氏(CAR GRAPHIC) の 感想

 

みなさん、ご存じ カーグラフィックTV だと思いますが、

アルピナB7 と アルピナB3 の 放送回で

 

アルピナB7 に乗ってみて、

田辺さんは、

 

「新型のロールスロイス ゴースト と 比べてみたい 同じ方向性になっているのではないか」

「ぜひ、乗り比べてみたい」

 

といった内容を語っていました。

 

相変わらず、松任谷さんは、「そんなことはない」と 一刀両断 していましたが(笑)

 

このように もしかすると、

多少、ロールスロイスが ブルカルト・ボーフェンジーペン氏 に意識されているのかもしれません。

 

ちなみに、今回のB3は 2代目のアンドレアス氏の 初作で、B7は ブルカルト氏によるものだそうです。

 

参照:「新型ロールスロイス ゴースト」

 

まとめ

 

全く、関係のない番組で

このように アルピナを ロールスロイスと 比較する内容が出てくるという事は

アルピナの乗り味が ロールスロイスを彷彿とさせる 何かを持っているということなのでしょう。

 

アルピナB7 も ロールスロイス ゴースト も

どちらも 金額的に 縁遠い存在ですが、

一度、ロールスロイス ゴースト に乗って 感想を述べてみたいものです。

 

どちらにしても、

アルピナの乗り味は素晴らしいという事ではないでしょうか。

 

おしまい。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

-ALPINA(アルピナ)D5s

© 2021 オヤジジィコーデ