oyajiji_code

ALPINA(アルピナ)とファッションに興味津々なアラフィフオヤジ

オヤジファッションコーデ

【キレイめ オヤジの雨靴】フォックス アンブレラのレインローファー

FOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)
エナメルラバーレインローファー Men's Loafers

ジャケットを羽織って、綺麗めのパンツを履いたら、やはり表革でも起毛革でもいいですが綺麗な革靴を合わせたいですよね。しかし、雨天の時はどうしますか。大事なここぞの革靴を濡れて泥まみれにしたくない。そんな時に使えるキレイめの服にあわせても違和感のない雨靴を紹介したいと思います。

スエードなどはヨーロッパでは雨の日に履く靴として使われていますし、革でもオイルドレザーや防水、撥水加工された革靴を履く選択もありますが、今回は革靴ではない靴を選択してみました。

それぞれ、それほど高額なものではないので、一度読んで確認してもらったらと思います。

雨の日に履く キレイめコーデの靴について

ビジネススーツやドレススタイルなどキレイめの服には革靴を合わせたいところですが、雨が降っている中を大事な革靴で出かけたくないと思います。

しかし、カジュアルな靴は合わないしどうしようと悩むことになります。そこで、雨の日でも気を遣わず履くことができて、かつキレイめコーデを崩さない靴があると悩みが解消できますよね。

そこで今回は革を使用しない、それでいてコーディネートを損なわない靴を3種類に分けて紹介していきたいと思います。

①ビジネス革靴を模したレインシューズ

お仕事でスーツを着て出かけなければならない時にどしゃ降りの雨。さて、どの靴を履きましょうか。ビジネスでスーツとなると、バランスのおかしな靴の選択はできません。

そこで、ほぼ見た目は革靴というレインシューズがあればありがたいと思いませんか?あるんです!

革に防水加工をするものではなく、見た目は革に見えるけれども違う素材で作られているというものです。その素材ですが、アッパーにはPVC(ポリ塩化ビニル)やゴアテックス、アウトソールには合成ゴムを使用し、ほぼ見た目は革靴を表現しています。

それではビジネスレインシューズを紹介したいと思います。

【日本が誇るブランド】三陽山長(サンヨウヤマチョウ)「防水 友二郎」

三陽山長のマスターピースモデル「友二郎」をベースとしたレインシューズで、グッドイヤーウェルト製法のドレスシューズのような完成度です。アッパーは革と見間違えるほどのPVC、アウトソールは合成ゴムを採用しています。三陽山長のホームページで写真を確認してください。

【CP抜群】UNITED ARROWS green label relaxing KW RAIN ストレートチップ

素材にはポリ塩化ビニルを使用し、革靴を忠実にコピーしてステッチや革の表面感のような細かいところも再現しています。UNITED ARROWS green label relaxingのホームページで確認してください。

②ドレススタイルと相性抜群のサイドゴアレインブーツ

サイドゴアブーツは、1960年代にビートルズローリング・ストーンズが着用したことで、若者を中心に大ブームになり、ブームが起こった場所がチェルシー地方だったため「チェルシーブーツ」と呼ばれることもあります。

ここでは、革ではなくPVCや合成樹脂、ゴアテックスをアッパーに使用し作成された、革と見間違えるようなサイドゴアレインブーツを紹介したいと思います。

マッキントッシュ ロンドン初のレインシューズ

革靴から型取りをしたPVC素材のアッパー・ソール一体成型サイドゴアレインブーツです。グッドイヤーウェルト製法のような立体的なフォルムで、革靴のような質感や繊細なシワ感やステッチを再現しています。スーツやジャケパンのビジネススタイルに合うレインシューズです。三陽商会のホームページで写真を確認してください。

【日本の革靴ブランド】REGAL(リーガル)のリーガルウォーカー

サイドゴア部分は、ストレッチ機能を持ったゴアテックス素材、アッパーには人工皮革を使用したサイドゴアレインブーツです。

人気のゴアテックス ファブリクスが採用されていて、水滴よりはるかに小さい無数の繊細な孔があり、 この孔は雨を通さず、水蒸気は通すので、靴内の湿気を放出し蒸れにくいのが特徴です。

雪道対応ソールをうたっている、この靴はリーガルオンラインショップで確認してください。

③珍しい?ゴム製ローファーレインシューズ

ローファーのレインシューズは比較的少ないように思います。丈が低いので耐雨性は高くないと思われますが、長時間、雨の中を歩くのではなく、少しひねったレインシューズが欲しい方にいかがでしょうか。

【セレブたち御用達ラバーブーツブランド】HUNTER(ハンター)コインローファー

HUNTER(ハンター)は、英国王室や世界中のセレブたち御用達のラバーブーツブランド。日本でも大人気です。天然ゴムで成型しオイルコーティングした、コインローファーレインシューズです。

HUNTER(ハンター)のホームページで確認お願いします。

【おすすめレインローファー】FOX UMBRELLAS(フォックスアンブレラ)エナメルラバーレインローファー

FOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)は、1868年ロンドンで創業で、世界で最も有名なアンブレラ・ブランドです。ブランドを代表する細身傘に加え、コートやシューズをはじめとした多彩なレインアイテムを展開しています。

FOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)のローファーは、伸縮性の高いエナメルラバーで作られています。HUNTER (ハンター)のローファーでも悪くはないですが、わずかにFOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)が上品さに勝っているのでは?

今回、このFOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)のローファーを購入したのでレビューをしたいと思います。

購入レビュー FOX UMBRELLAS エナメルラバーレインローファー

今回、キレイめレインシューズでいろいろと選択肢のある中から、FOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)のエナメルレインローファーを購入しました。

まずは、ローファーで雨の日に履くことができる靴ということで探していたのですが、そこで選択肢として浮上してきたのが「ハンター」と「フォックスアンブレラ」でした。どちらにしようかと迷いましたが、よりキレイめに見える「フォックスアンブレラ」を選ぶことにしました。

店で購入する時に店員さんが、「サイズは革と違って伸びないのできつめに合わせて買うと足が痛くなって履けなくなるので、少し余裕があるくらいの方が良いですよ」と言っていました。

見た目は、エナメル革のローファーもあるので、ゴム製ですがエナメル感があるので一瞬見ただけでは見分けにくいと思われます。近くで見て触るとわかりますが、道を歩いていて触ってくる人もいないと思いますので(笑)。

履き心地に関しては、お世辞にも良いとは言えませんが許容範囲内ではあると思います。普通に歩いている分には、それほど問題ないと思いますが、ゴムで弾力があるので小走りくらいでも踵がパカパカと浮いてしまうかもしれません。そしてゴムですので通気性はよくありません。

しかし、雨の日もしくは雨が降るかもしれない日に、革靴を使いたくないけど少しキレイめに合わせたい時、エナメル革ローファーの代わりに気軽に履いていけるレインローファーはとても便利だと思います。ブーツのレインシューズも良いですが夏には暑苦しくなりそうですし、ビジネスレインシューズだと堅苦しい。そんな時にレインローファーはいかがでしょうか。

ただし、あくまで個人的な意見ですが、色がブラックとネイビーがありますが、ブラック一択だと思います。ネイビーは少しゴム感が出てしまっているように感じました。

ちなみに、今回もgujiさんで購入させていただきました。

(靴関係 関連記事①)今がお買い得 値段の割にハイクオリティな革靴 TLB Mallorca

(靴関係 関連記事②)手の届くベルジャンシューズ(ジャランスリワヤ スエードタッセルローファー)

(靴関係 関連記事③)ドライビングシューズ「NEGRONI(ネグローニ)」を5足も履き続ける理由

-オヤジファッションコーデ

© 2021 オヤジジィコーデ