oyajiji_code

ALPINA(アルピナ)とファッションに興味津々なアラフィフオヤジ

オヤジファッションコーデ

何着も欲しくなる BOGLIOLI(ボリオリ)K-JACKET こなれ感が最高です

 

ここでお伝えしたい事。

  •  BOGLIOLI(ボリオリ)K‐JACKET は かなりおススメ
  •  着心地の軽さ 柔らかさ こなれ感 が いぃ
  •  近年の肩肘張らない雰囲気に 製品染めがピッタリ

 

最近、目的の服を買いに行って

予想もしないものを買ってしまう

そんなことが多いのです。

 

今回も そのパターンで

何気なく羽織った

BOGLIOLI(ボリオリ)K‐JACKET

瞬間 「買います」

それくらい おススメのジャケットです。

 

 

BOGLIOLI(ボリオリ) そして K‐JACKET とは

 

BOGLIOLI(ボリオリ)とは

 

BOGLIOLI(ボリオリ)

1900年代初頭に

イタリア北部 ミラノの近く

ロンバルディーア州のブレシア県ガンバラに

サルトリア(仕立屋)として はじまった

100年以上も続く老舗ブランドです。

 

90年代の終わりから2000年代にかけて、

K‐JACKETDOVER など

名作ジャケットを次々を誕生させ、

メンズファッション界にボリオリ旋風を巻き起こしました。

 

日本では、

アンコンジャケットを知らしめた

DOVER が席巻し

BOGLIOLI(ボリオリ)と言えば DOVER

むしろ DOVER の名前の方が知られているくらいでした。

 

ちなみに アンコン仕立てとは

肩パッドや芯地といった副資材を極力省いた仕立てのことです。

 

その後しばらく、

メンズファッション界には

表だった活躍はありませんでしたが

しばらく前から

また、BOGLIOLI(ボリオリ)の名前を聞くようになり

最近は、セレクトショップにも

再び取り上げられるようになりました。

 

現在の推しは K‐JACKET のようです。

 

K‐JACKET とは

 

 

K‐JACKET

カシミア や ウール 素材を

ジャケットに仕立てた後に染める(製品染め/ガーメントダイ)という技術で

革新をもたらしたジャケットです。

 

製品染めすることで

アタリや クタッとしたこなれた素材感を出すことができ

肩肘張らない着こなしができます。

 

BOGLIOLI(ボリオリ)K‐JACKET 着てみた

 

ニット:Gran Sasso(グランサッソ)モックネック ブラウン

パンツ:PT TORINO Travel ウール グレー

シューズ:Jaran Sriwijaya(ジャラン スリワヤ)タッセルローファー ブラウン

 

 

 

素材は、

毛 80% ポリエステル 20%

です。

 

 

ボタンを留めると こんな感じ。

 

今回、購入した K‐JACKET

タグに書いている色は グレー ですが、

実際は 写真ではわかりにくいのですが

グリーンがかったグレーです。

 

個人的には

少し個性を出せるが

それほど、グリーンを主張していないので

いい感じだと思います。

今回は この色に惚れて買ってしましました。

 

まとめ

 

BOGLIOLI(ボリオリ)K‐JACKET

を購入しました。

 

個人的に、

なかなかジャケットの形が

身体に合いません。

 

今まで ピッタリきたのは

ベルベスト と デ・ペトリロ だけでしたが、

この、BOGLIOLI(ボリオリ)K‐JACKET

気持ちよく着ることができました。

 

また、ポリエステルが入っているからか

あまり、シワにならず

気軽に着ることができます。

 

他の色も欲しいと思わせるジャケットでした。

あと、カシミヤのK‐JACKETもあるようなので

カシミヤも着てみたいです。

 

久々に心に響くジャケットでした。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

luccicare(ルッチカーレ)

YouTubeでチャンネル登録しています。

何回も購入していますが安心して購入できます。


ボリオリ / BOGLIOLI / K-JACKET / シングル ジャケット / ウール ガーメントダイ 3B 段返り / BUC415【793.ネイビー】

 

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ
にほんブログ村

-オヤジファッションコーデ

© 2022 オヤジジィコーデ